こだわり
借入限度額
審査時間
融資スピード
借入方法
返済方法
コンビニ

プロミス口コミ(30代後半専業主婦)

30代後半 女性(専業主婦) 東京都

 高校を卒業した頃、アルバイトで稼ぐお金は月々10万円以上になり自由に使えるお金が増えた事で自分の行動範囲が広がり、服代にもお金を沢山使うようになりました。

 その頃、毎月のようにお買い物していたあるファッションビルで未成年でも親の承諾があればカードを作れる事を知り、早速親になんとか承諾を得て作ったのが人生初のカードでした。

それからというもの、毎月の服にかけるお金はもちろんの事、自動車免許代もすぐに取りたかったのでローンを組み、無金利でローンが組めるからというので着て体型がビックリするほど変わる補正下着に25万、ピーンときたジュエリーに20万、20歳を過ぎて就職した頃には友達に紹介されたエステで30万、変化に驚いた美顔器で30万、組んだ信販会社はアコムにオリコカードにジャックスカードに・・・と気づけば23才の頃にはトータル100万以上のローンを抱えていました。

 この頃はローンだし借金をしているという感覚は全くなく、「一気に支払えない。けどやりたい事だし、欲しいものだから、毎月このくらいで払えるなら問題ない。私にだってできる。」みたいな気持ちでした。

 ただこの頃、就職と同時に一人暮らしも始めていたので毎月の家賃にローン、そしてガソリン代に駐車場代、最低限の交際費を引くと、食費は1週間で1000円というカツカツまではいかないけど毎月なんとか生活をしているという状態でした。

 それからしばらく経った2000年のある時期、なんと車の保険代の支払いがやって来たのです・・・「はっ払えない!どうしよー。親に借りるのは嫌だし・・・。」

そんな時、前に知り合いが簡単にプロミスで借りられたという話を思い出しました。

「消費者金融か、絶対手だしたらいけないとこだけど、でもそこしかないし、誰かに見られたらどうしよー」と今までに感じた事のない緊張感でいっぱいになりながら、悩んだ末。

「借りられるかな?借りられたとしても、ちょっと借りるだけだから大丈夫、すぐ返せば大丈夫。」といろんな思いを巡らせ、プロミスに向かいました。もう心臓はすごくドキドキしていました。

 そして審査に通り、車の保険代にあてる10万円をプロミスに借りました。その時は、ほんの少しのつもりでした。
 
 ところが、しばらくすると「ちょっとだけだし、すぐに返せば大丈夫」という心境だったはずの思いが、「こんなに簡単に借りれるんだ、30万まで大丈夫になってる。」という気持ちに変わっていました。今振り返れば何かに取り憑かれているようなそんな感じだったように思います。
 
 それから私は自分の欲しい物を買い、やりたい事をする、生活費を補うというただそれだけのために借金を繰り返し、就職した頃に付き合いで作った、ジャックスカードやオリコカードなどありとあらゆる所で限度額ぎりぎりまでキャッシングにカードローン、返済のためにまたキャッシングと自転車操業状態。

 気づけばプロミスの借入もいつのまにか100万円。プロミスなんて返しても利息が大きくて毎月全く元金の返済ができていない状況。

 ちょっとちょっとの積み重ねが、2002年頃には自分の収入を上回るトータル金額約300万の過去最大借入金額に。

 何をするにもお金がいるのにお金がないと心までどんどん貧しくなっていくし、夢を売る仕事についていた私にとって、お客様に嘘をついているような自分が嫌で嫌でたまりませんでした。「絶対返済したい!でも手を打たないとこのままでは潰れてしまう。」

 「自分のエゴで借りたお金だし、頑張って返さなきゃ。明るい未来が待っている。」そう信じるしかありませんでした。そこからはもうしっかり前を向いていたように思います。
 
 まず始めにしたことは、CMで観た「おまとめローン」をしてくれるという東京スター銀行に書類を送付。通る気持ちでいましたが、全く連絡が来ず審査に落ちた模様。

 次に目に飛び込んで来たのは、無料でご相談と書いてある社団法人の法律事務所の看板。「法律事務所なんてお堅い所、親に借金の事を話さないと行けなくなったらどうしよう。」という不安がありながらも勇気を振り絞って電話、そして訪問、相談。

 誰にも言えずに、相談できずに、ずーっと黙ってお金を借りて苦しかった気持ちが一気にすーっと楽になっていくのを感じました。

 相談後、債務整理をする事になり1件につき2万円の費用が必要になりました。組んだローンの支払いは全てなんとか終えていたのですが、プロミスさんもあわせて5件の返済が残っていました。

そして弁護士さんがお話を進めてくださる間、支払いは一切しなくていい状態だったので5件10万円はすぐに支払う事ができ、無事に手続き終了。それから生活に苦のない支払いでの返済がスタート。プロミスに至っては法に基づく利率が適用され、たしか100万だった借入金が30万くらいに減りました。長ーく苦しかった時間から開放された瞬間でした。

そして、全く無駄にお金を使わなくなった私は毎月のお給料から自然にお金が貯まるようになり、心が明るくなっていくのを感じる事ができました。

 あの時の借金は数年前にもう全て返済し、それから一切借金を作った事ありません。お金を借りた会社には申し訳ないですが、あの苦い経験を20代の若い頃にできた事が、今の私にとってプラスになっていると思っています。
 
 私はもう二度と借金をする気はありませんし、しないです。

いろいろ厳しくなってきているのでマイホームや車等大きいもの以外に年収を上回るほどのローンは組めない時代になっていると思いますが、借金やローンを組む際は本当にそれで返済はできるのか、しっかり考えてから決めて欲しいと切に思います。